帰省

この週末、父の13回忌のために娘と帰省しておりました。
母が、自宅に和尚さんを呼んで家族だけでこじんまりとしたいと言っていて
お経をあげてもらったあと、それぞれに思い出話などして本当に1時間半ぐらいで終わってしまいました。
法要は かぞえ なので父が亡くなったのは12年前。
一昔前のことになります。随分と時間が経ちました。これで母は一区切りにするそうです。

法要のあとみんなで小布施へ。
岩松院へ行って北斎の天井画を鑑賞したあと
鈴花というお店で食事を。
古民家を改装したお店で店内落ち着いた雰囲気です。
実はこういった洒落たお店は娘は苦手で、雰囲気にのまれ、入るとあまり食べられないのが常でした。
でも今回はバクバクと食べてくれて私は嬉しかった~~。

その後みんなと別れて私一人小布施に残り北斎館へ。
北斎の肉筆画をどうしても見て見たかったのです。
大胆と繊細が同居した達者な筆使い。日々の観察の積み重ねなんだなぁ~としみじみ。
私がいいなぁ~と思った絵のポストカードがショップにはなかったので何も買わずに北斎館をあとにしました。
その後ちょっとぶらぶらして、ギャラリー蔵 という喫茶店へ入りました。
ジャズが流れて落ち着ける空間でした。

小布施の街は観光客が意外に多くてちょっとびっくり。
何かスケッチ出来ればいいなぁ~と思ってたのですが、果たせませんでした。
もっと時間の余裕がないとダメですね。

b0053654_14471617.jpg
岩松院  この景色をみた時にものすごいデジャブ感が(笑)。ああそうか、と思い出しました。この夏に見た不染鉄の作品にこれに似た風景があったのでした。

b0053654_14352207.jpg
鈴花での食事 柚子胡椒、塩、ワサビ で楽しめるステーキでした。

b0053654_14341051.jpg
b0053654_14341490.jpg
ギャラリー蔵

b0053654_14345455.jpg
そして北斎館 私の興味は企画展示よりも肉筆画。鮭の切り身の作品があって面白いと思いました。

[PR]
# by andante_mebouki | 2017-10-30 14:52 | お散歩 | Comments(0)

気づいてしまった。昨夜ストレッチしている時に。右足裏にごま粒程の黒子らしきものがあることに。手のひら同様、足の裏は滅多に黒子は出来ない場所。ネットで検索すると色々怖いことがかいてある。なによりこの春、職場の同僚が足の踵にやはり黒子が出来て手術したではないか。これは皮膚科に行って確かめてこなくてはなるまい。というわけで今日の午前中に受診しようと決めた。だがしかし待てよ、午前中はアマゾンから荷物が届く予定だったと思い出す。あ~う~、午後の診療時間でもいいんだけど、でもはやく見てもらいたい。早く来いアマゾン、いや、クロネコ。ぴんぽ~んとチャイムがなって10時頃アマゾンじゃなくてクロネコ到着。ナイスクロネコ、ありがとークロネコ。 それから急いで支度して自転車こぎにこいで、午前中診療時間に滑り込むことに成功。で、結果、悪いものではない。黒子ですね。ただこれが変化してぶよぶよになったり大きくなって5mm以上になったら来てください。よく経過観察してください。5mm以上になったら、たとえ良いものでもとってしまうことをお薦めします。とのことでした。はぁ~ひとまずほっとした~。
これからは足の裏をよく見ることにしよう。

[PR]
# by andante_mebouki | 2017-10-24 23:49 | 日常 | Comments(0)

レース

洋服を縫った時のあまり布で、携帯やお財布だけが入る小さなバッグを縫ったのですが、そこにレースを留め付けました。ずつと前に買ってきて箱にしまっておいたレース。やっと出番がやって来ました。


b0053654_14383310.jpg



これは無印のTシャツの襟ぐりにレースを縫いつけてみたもの。レースは伸びないので後ろに あき をつくりました。
思った以上に雰囲気が変わって一人にんまりとしえいます。
b0053654_14385451.jpg

[PR]
# by andante_mebouki | 2017-10-23 15:10 | 手作り(布物、お菓子など) | Comments(0)

雨の東京

b0053654_14403687.jpg
台風が近づいていてこんな雨の日だったんですが、約束なので娘と東京へ~東京駅地下街のキャラクターショップでお買い物。地上が雨のせいか地下はものすごい人混み。いや~混んでた。娘が心ゆくまでグッズを選んでいる間ひたすら待っている私。カピバラさんやらプリキュアやらのステーショナリー類、小さなバッグなどを選んでいました。その後品川に出てファミレスでまったり。ファミレスは駅からちょっと歩くけど、屋根つきの歩道を歩くので濡れないし、駅から離れているせいでわりに空いていてすぐに座れて楽~。娘はパンケーキを頼んで満足そうに食べていました。

[PR]
# by andante_mebouki | 2017-10-22 20:01 | お散歩 | Comments(0)

104年

今日行かねばならない、雨が降っても絶対に仕事帰りに寄ろう
そう思って、たまに買いに行く、愛用してるスニーカーを必ずそこで買う靴屋さんに、仕事の帰りに途中下車して寄りました。
すると店内「閉店のため30%オフ」の紙が貼ってありました。
ええ!とびっくり。
お店のおじさんに話しを聞くと
「そうなんですよ。店閉めるんです。もうここらへんが限界かなと思って。
この商店街も一通りが少なくなってしまったしね。私で3代目なんですが、4代目は継ぐ気がないみたいだし。」
とのことでした。
「この店はこの地で104年続けてきたんです」
と言ったおじさんの表情はちょっと寂しそうでした。
ああ、他の日でなく今日、雨だけど、お店に寄ってよかった。
でなければ閉店を知らずにそれっきりになってしまうところでした。
私がこの靴屋さんに寄るようになった20年ほど前、商店街はもっと賑やかでした。
手芸屋さんがお店をたたみ、角の喫茶店が閉店して学習塾になり、そのうちパチンコ店、薬屋さん、本屋さん、が次々とお店をたたんですっかり寂しい通りとなってしまいました。そして靴屋さん。104年・・1世紀。
これも時代ですかねぇ・・。そうやって街は徐々に姿を変えてゆくのですね。
「この靴、履きやすくていいよ」
とおじさんが勧めてくれたecoの靴、半額になっていたのでありがたく買って帰りました。

b0053654_14381701.jpg



[PR]
# by andante_mebouki | 2017-10-18 22:36 | 日常 | Comments(0)